魔王マグロナ

絵の講座なら魔王マグロナさん!美少女化したおじさんのお絵描き講座が本当にタメになる!
https://www.youtube.com/watch?v=NVPlcUex4Ds&t

◆かわいすぎる絵描きおじさん

インターネット上には絵を描くための講座やコンテンツがたくさん存在しています。
どれも参考になるものばかりですが、Vtuberのお絵描き講座といえば「魔王マグロナ」さんの講座が必見です。
マグロナさんはプロのイラストレーターとして活動をしているため実践的な技術を学ぶことができるでしょう。
なおマグロナさんは美少女の姿をしていますが実はおじさんだったりします。

形式としてはLive2Dというツールを使って作成した擬似的な3Dの体にボイスチェンジャーも併用し、おじさんが美少女化しているという形になります。
同じ系統のVtuberとしてはボイスチェンジャーを使っていないものの「ねこます」さんを挙げることができるでしょう。

なおこの界隈では「バーチャル美少女受肉おじさん」通称「バ美肉」という言葉が広まりつつあります。
そしてマグロナさんの美少女っぷりは本当におじさんなのか疑うほどに完成度が高く、動画を見ていると本当に女の子が話している気分になってくるはずです。

◆実践的で見やすい講座

マグロナさんの講座動画は少ないものの、そのクオリティは凄まじく高いといえるでしょう。
有料の講座であっても何もおかしくないほどです。
そんなマグロナさんのお絵描き講座は以下の動画となります。

https://www.youtube.com/watch?v=NVPlcUex4Ds&t
(講座自体は10:00ごろから始まります)

動画の内容としてはマグロナさんが以前作った講座本の内容を一部解説するというもので、非常に実践的です。
手の描き方やポーズのつけ方、バランスのとり方などが解説されています。
絵を描く上でハッとさせられることがたくさん語られているので思わず見入るはずです。

◆のんびりした語り口も魅力

マグロナさんは単に知識や技術があるだけではなく、ついつい聞きたくなる話し方にも魅力があります。
全体的にのんびりしたトーンで「なんだよな〜」とか「だろ〜」といった形で語尾を延ばすところが可愛らしかったりするのです。
その可愛らしさに気付いたとき視聴者はおじさんと美少女の間で心を混乱させることになるでしょう。

新しい時代の表現方法としての「バ美肉」の実践者であるマグロナさんがこれからどんな展開をみせるのかチェックしてみて下さい。

Live2D講座は必見!「もこ田めめめ」

シロちゃんの妹分の1人「もこ田めめめ」さん!自己流のLive2D講座は必見!
https://www.youtube.com/watch?v=0eW-JYth8PA

◆優しい先生のようにLive2Dを解説してくれる女の子

Vtuberには様々な方々がいますが、大きく3Dと2Dの方に分けることができます。
3Dの場合は色々なソフトによってその姿がモデリングされているわけですが、2Dの場合はほぼLive2Dというソフトによって作られている形です。
Live2Dは平面的な画像を組み合わせて擬似的な3Dのキャラクターを作ることができ、アニメ的な表現に優れたソフトとなります。

そんなLive2Dの解説動画を公開しているのが「もこ田めめめ」さんです。
Youtubeチャンネル「もこめめ*channel」で「自己流Live2D」というシリーズ名の動画を随時発表しています。
優しい先生のような語り口なのでリラックスしながらLive2Dについて学ぶことができるでしょう。
https://www.youtube.com/watch?v=0eW-JYth8PA

◆アイドル部のもこもこ系広報委員

めめめさんは本人いわく「ひつじとアルパカと人間が一緒になったみたいな何か良く分からない電脳的な生き物」とのこと。
もこもこふわふわした外見とクセになる声が魅力的なVtuberさんです。

また、彼女はVtuberプロダクションの「.live(どっとライブ)」が手がける「アイドル部」の一員(広報委員)として活動しています。
.liveには多方面で活躍中の「電脳少女シロ」さんと世界初男性バーチャルYoutuberの「ばあちゃる」さんも所属している形です。
いわばめめめさんは電脳少女シロさんの妹分の1人ともいえるでしょう。

アイドル部には12人の個性的なVtuberが所属していて、プロデューサーはばあちゃるさんです。
部員の中でもめめめさんは技術力が高く、アイドル部全員の紹介動画も作成しています。
またLive2Dはもちろんですが、3DソフトのBlenderを使用して自分の3Dモデリングを進めている動画もあるほどです。

めめめさんの技術力を証明するエピソードとしては、同じアイドル部に所属する「金剛いろは」さんの動画で使うイラストを描き、かつそれをLive2Dで直ぐに動かしたということがありました。
通称「かんたんごんごん」と呼ばれるようになったキャラクターはすっかりいろはさんの動画でお馴染みのものとなっています。

https://www.youtube.com/watch?v=RcNn_6J8y68

ヒップホップなVtuber「ワニのヤカ」

ヒップホップなVtuberワニのヤカさん!サンプリングミュージックの解説と制作動画をチェック!
https://www.youtube.com/watch?v=327sV-rYswM

◆ヒップホップな優しいお兄さん

ヒップホップというと最近ではテレビ番組「フリースタイルダンジョン」を連想する方も多いかもしれません。
ですがフリースタイルはあくまでもヒップホップの一部であって全てではありません。
そしてワニの体をもつ「ワニのヤカ」さんは「サンプリングミュージック」という観点からヒップホップについて迫っているVtuberさんなのです。

ヤカさんは口調からして優しい印象を受けるお兄さんで「ヤカINDAHOUSE」という名前のYoutubeチャンネルで活動をしています。
なおサンプリングミュージックというのは「既存の楽曲から一部を抜き出したりテンポを変えてつなぎ合わせ新しい曲を作る」という音楽の一形式です。

サンプリングという手法は色んなジャンルで使われていますが、ワニのヤカさんが作っているのは主にヒップホップの楽曲となります。
謎の「センパイ」とヤカさん自身のラップを乗せた楽曲も公開されているのでチェックしてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=327sV-rYswM

◆サンプリングの問題についても言及

サンプリングという手法について「過去の楽曲を抜き出して使うっていうのは違法では?」という疑問が出るのは当然です。
実際に無断で使用したことで訴訟問題に発展したアーティストも数多く、現在ではメジャーなアーティストの場合は事前に楽曲の使用料を支払ってサンプリングしていたりします。
実はこの界隈では長年の論争の的ともいえる問題なのです。

そんな権利関係の疑問にもヤカさんは答えていて、許諾関係をクリアにするサイトを以下の動画で紹介しています。
https://www.youtube.com/watch?v=Tzb4zan3j0U&t=102s

こういった点もきちんとフォローしてくれるあたりがヤカさんの魅力なのかもしれません。

◆色んな展開をみせるヤカさん

ヤカさんはごりごりのヒップホップ好きとして活動しているわけではなく、色んな動画を投稿しています。
ゲーム実況や好きな同人作家さんについて語ったりもしているのでサブカル好きも要チェックです。
これからどんな動画を公開してくれるのか楽しみなVtuberさんとなっています。